【レポート】映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 in シネマート新宿

映画『僕の彼女は魔法使い』が2月22日(金)に公開となり、東京のシネマート新宿にて、本作の初日舞台挨拶が行われました。
 

映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 右から、不破万作さん・梅崎快人さん・千眼美子さん・高杉亘さん・清田英樹監督

舞台に登場したのは主演の千眼美子さん(白波風花役)、梅崎快人さん(竹中優一役)、高杉亘さん(大倉譲治役)、不破万作さん(老師役)、清田英樹監督の5名。
 

映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 左:梅崎快人、右:千眼美子

 
出家後、映画初主演となった千眼さん。
魔法使いを演じる上では「普通の人間とは違う逸脱した感じを得るために、ローラーシューズを買って、スス~と滑りながら現場入りした」と一種独特な役作りを明かしました。
「現場では『千眼さんが浮いている!』という感じになって、風花はこんな感じなのかな?と役柄の雰囲気を掴むことができた」と手応え十分。
最近は将棋にハマっているようで、撮影中は恋人・優一役の梅崎さんと対局しボロ勝ちしたとのこと。
「風花がまるで優一を翻弄するかのように、盤上でも翻弄してやりました」と腕組みしていました。

一方、高杉さんは「ケータリングが豪華で美味しかった。撮影が終わったときは少し太った」と舞台裏を明かし、千眼さんも「和食、洋食、ステーキにスイカも出た。撮影時の休憩は命だから嬉しい」とニッコリ。
ベテランの不破さんは「(千眼さんと梅崎さんの)二人の若さが溢れ出たエネルギーがほとばしる映画です。高校生役の二人を見て、あの頃に戻れたらなぁと思った」と語りつつ、若い千眼さんと梅崎さんへアドバイスも。
「好きなように生きて!この世界は持続が大変だけれど、ブレないで役者道を歩いてほしい。ずっと期待している」とエールを送りました。
 

映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 主演・千眼美子

 
主演の千眼さんは本作のイメージソング「夢の時間」も歌唱しています。
「等身大で歌う方が心の中の動きとかがリンクした」と歌手としても手応えを感じながら「次に挑戦してみたい楽曲はラップ。韻を踏んでYO!YO!のラップ。キャップかぶってメ~ンとか言いたい。まさかのラップに挑戦!作詞も楽しそう」と“ラッパー美子”誕生に意欲的でした。

映画の内容にちなんで「魔法が使えたら?」との問いに千眼さんは、「週末動員ランキング第1位の魔法をかけたい!さらにSNSで映画が拡散される魔法、マスコミの皆さんがいい記事を書いてくれる魔法をかけたい!」と宣言。
粋な魔法に会場は拍手喝采となりました。
 

映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 主人公の恋人役・梅崎快人

最後に梅崎さんは「観終わった後に爽やかな春を予感させる風が吹き渡るはずです。僕達が演じたときの信念を感じてもらい、それが皆さんの笑顔に繋がれば」とアピール。

千眼さんは「人を喜ばせたり、幸せにすることができたら、その時点で魔法使いです。常に心を幸せで満たすことは難しいかもしれないけれど、努力して満たすことの大切さを教えてくれる映画です。観たら明日が明るくなるような映画。白の魔法使いが増えてほしい」と思いを込めました。

 

映画『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶 左から、不破万作さん・梅崎快人さん・千眼美子さん・高杉亘さん・清田英樹監督

 

映画『僕の彼女は魔法使い』大ヒット上映中!