『僕の彼女は魔法使い』予告編映像解禁!!

公開日が2019年2月22日(金)に決定した『僕の彼女は魔法使い』。
ついに本作の予告編映像が解禁となりました!!

 
浜辺のウッドデッキにてイヤホンで音楽を聴き、本を読んでいた優一(梅崎快人)の前に現れた白いワンピースを着た女の子。
「何聴いてんの?」と屈託のない笑顔でのぞき込んでくる、 その彼女こそが本作の主人公・風花(千眼美子)。
心地よく流れるキュートなロック調のBGMは、千眼美子の歌う本作のイメージソング「夢の時間」です。

突然の出会いの後、風花は転校生として再び優一の前に現れます。
その日から彼女の繰り出す魔法で優一の日常が一変。
「君といるとありえないことが次々に起きる!」
不思議な現象を目の当たりにする優一に、風花が神妙な面持ちで告白します。
「もしも私が魔法使いだったらどうする…?」

場面は変わり、神殿のような白い空間の中、一人の老師が風花の秘密を明かします。
風花は「地上に残された最後の“白魔術”の魔法使い」と──。
その“白魔術”とは、「自分のためじゃなく、純粋に相手の幸せを願う思いで起こす魔法」。

そんな風花に悪の手が忍び寄ってきます。
突撃してくるカラスや、黒いローブを着た怪しい男。
彼らは「人の心の中にある奪う愛のエネルギーを吸って生きている“黒魔術”の魔法使い」だったのです。
「最後の白魔女よ…永遠に消え去るのだ!!」
赤い稲妻を放つ黒魔術の魔法使いに追い詰められる風花。
優一が「僕に考えが…」と口にすると、風花が「そんなことは絶対だめ!」と反対します。
二人はどのようにして、黒魔術の魔法使いとの戦いを乗り越えるのでしょうか。
「この世界を絶対に守ってみせる。『運命の人』とともに、『愛の魔法』で。」
白魔術と黒魔術の戦いの行く末は…?
風花と優一はどうなる…?

映画「僕の彼女は魔法使い」の公開をお楽しみに!!